So-net無料ブログ作成

長期休暇の前半に東北へ

また東北へコクガンを見に行きました。
まずは沼地のヘラサギ。
オオヒシクイとコハクチョウをバックに。
ヘラサギが小さく見えます。
DSC_0800_00001.jpg
ヘラサギくん、顔を左右に振りながら底地にいる魚をさがしています。
おっと大きめのナマズらしきもの見つけて夢中で追いかけています。
DSC_0775_00001.jpg
今年はヘラサギに縁があるみたいです。
明けて翌日、浜辺に目当てのコクガンを見に。
天然記念物に指定されています。
アマモを食べていますが、どうやら根っこ部分が好きみたいです。
DSC_1278_00001.jpg
こちらのコクガンくんも根元をカジカジ。
光合成したでんぷんが根元に溜まる分、甘く感じるのでしょうか?
DSC_1512_00001.jpg
熟した柿を食べる小鳥たちといい、ヤマカゼは不思議に
思うのですが、鳥たち味が分かるのでは?
紫外線も見ることができるらしいし、
ちょっとスーパーな生き物に思えます。
2時間近くも一緒にいると結構近くに来てくれます。
一羽がアマモを加えてヤマカゼの方へ
DSC_1854_00001.jpg
えっ?えっ?どうした?と困惑しましたが
ヤマカゼがアマモに興味を示さなかったのですててしまいました。
あれっ?やっぱり食べてみろと持ってきた?
やさしいね。
DSC_2170_00001.jpg
岡では体の防水のお手入れ。近くに行っても逃げません。
温厚なコクガン達を見れて胸いっぱいの感動。
再び沼地へ。
チュウヒの若、若、くん。
頭が真っ白。
DSC_2455_00001.jpg
そしてチュウヒの成鳥。ピントがベタに当たってくれました。
DSC_2541_00001.jpg
そして広大な田んぼにまた
シジュウガラガンがしかも20羽ほど。ラッキーでした。
DSC_3147_00001.jpg
一か所じっとしていることがなく次のえさ場を探しに離陸。
DSC_3153_00001.jpg
広大な農耕地にご来光。
そして帰宅しました。
7V4A9971.JPG
nice!(36)  コメント(10) 

新宿の風景

木曜日は血圧の薬をもらいに、定期健診もあって仕事が休み。
午後から新宿に向かいました。
西口方面、右を見るとコクーンタワー。
IMG_1469.JPG
正面を見ると都庁。
IMG_1471.JPG
そして後ろ見ると、マップカメラ。
IMG_1474.JPG
銀杏並木が奇麗。
IMG_1475.JPG
そして、マイカメラ。
IMG_1486.JPG
キャノンのセットそっくりニコンに変えました。
最初はフルオートで写真を撮っていたのですが、Tv(S)で1/800で狙うと
勝手にF30になるし、カスタムボタンの割り付けはできないし
いつもの公園に行くとニコンの先輩方がいたのでいろいろ
教えてもらいやっと普通の撮影ができるようになりました。
DSC_0385_00001_01.jpg
ニコンは画像がしっとりしてますね。
DSC_0492_00001.jpg
アメリカヒドリ鴨まわりにヒドリガモ。
やっぱり持つべきは良き先輩方。感謝。
nice!(33)  コメント(5) 

渡良瀬遊水地の渡り鳥

めっきり寒くなりました。
今年も渡ってくる白いタカを見に行きました。
しかも土日、土日と二週間にまたがり。
【葦原の夕日】
いろいろ設定をかえて30枚ほど撮ったのですが
難しいですね。
016A7750.JPG
【ハイイロチュウヒのメス】
いかにもタカらしいカラーですがオスは真っ白といってもいいくらい。
夕空背景の逆光。
7V4A8258.JPG
【ハイイロチュウヒのメス】
葦原をすれすれに飛びます。保護色がきつくて200枚ぐらいシャッター
切ったのですがほとんどピンボケ。
7V4A8956.JPG
【ハイイロチュウヒのメス】
ヤマカゼに目線。しっかりこっち見てます。
7V4A8205.JPG
【ハイイロチュウヒのオス】
雪の国から来たような真っ白けのタカ。
ちまたではアナ雪2がうわさがもちきりですが
ちなんでいる訳ではありません。
7V4A9480.JPG
【ハイイロチュウヒのオス】
田んぼの畔をすれすれに飛んでます。
遠くからだと見つかりません。
7V4A9481.JPG
【ハイイロチュウヒのオス】
最接近。ラッキー30m手前ぐらい?
7V4A9489.JPG
【番外編:ハイタカのメス】
目がギョロッ、お腹の横縞模様が太く赤っぽい。
最初みたときはオオタカかた思ったのですが。
7V4A8729.JPG
【番外編:オオタカの若】
カラスに追っかけられてます。笑えます。
カラスより小ぶりの体、多分オスですね。
7V4A9299.JPG
【番外編:コクマルカラス】
世の中に渡りをするカラスがいます。
画面右のデコチンカラスはミヤマカラス。
手前のパンダカラスはコクマル。
白い変色カラスではありません。2種ともわたってきました。
016A7633.JPG
実はヤマカゼ、カラスあまり好きじゃないです。
3年ぶりぐらいの拝見でした。
【番外編:ミサゴ】遠い
016A7509.JPG

nice!(41)  コメント(9) 

銀座をブラブラ

先週の木曜日、前事務所の仲間内と飲み会があり
待ち合わせはJR大森駅付近でしたが早めに有楽町に立ち寄り
銀座をぶらぶらと。
【交通会館】クリスマスのイルミ。
毎年、目を惹きます。
IMG_1406.JPG
【ブルガリタワー】12月5日過ぎには建物に蛇の電飾。
これを見ると12月らしさを感じます。
IMG_1408.JPG
【ブルガリタワー】今年の蛇はLED照明みたいです。
IMG_1410.JPG
【シャネル】ブルガリのはす向かいにあります。
IMG_1411.JPG
【松屋ギンザ】クリスマスディスプレイ
IMG_1412.JPG
【松屋ギンザ】DIORのディスプレイ
今年、フラフラフラミンゴの歌はやりましたね。
IMG_1413.JPG
【松屋ギンザ】PRADA
あのプラダが随分と落ち着いたデザインを出しましたね。
IMG_1414.JPG
全てIPHONEでパシャリました。
深い意味はありません。
軽くスルーしていただくと幸いです。
nice!(31)  コメント(6) 

諏訪湖の日の出

諏訪湖へ行ってきました。
今回のメインターゲットは日の出の諏訪湖。
残念ながら湖を覆うように雲が出て霧も出ていい状態ではなかったのですが。
016A7445.JPG
そして野鳥探索。
まずはカケス。10羽ほどいたのですが
この2羽以外はヤマカゼを見て逃げていきました。
7V4A7597.JPG
カケス左:腹減った、食いもんほしい。
カケス右:おれも腹減った。
カケス左:あの人間なんでこっちみてる?
カケス右:知らねー。たぶんあいつも
     腹減ってじゃねー?
ヤマカゼ:・・・?

今度はミソサザイに会いました。山に行くと
年がら年中あっているような。
7V4A7651.JPG
この日-2℃。あちこち飛び回っていて
とても元気。親指姫みたいに小さい
小鳥です。
ミソサザイくん目線くれました。
7V4A7723.JPG

寒さの中の会うのは、やはりこの人じゃなくて鳥。
オオマシコ(まだ若ですね)
わざわざ諏訪に行かなくても
東京都の奥多摩でも、埼玉でも来るのですが。
今冬の初写。
7V4A7794.JPG
そしてカエデ系の種をくわえながら
やはり視線をくれました。
7V4A7825.JPG
ふっくらとふくよかな体型は見ていて
癒されます。
nice!(32)  コメント(4) 

池にミコアイサ

日曜日は午後から、池と河川敷の土手に
池に行くともうミコアイサが来ていました。でも遠い。
一応ミコアイサも冬の使者ですね。
立ち寄りだと思いますが、中央はオスの若ですね。
まだパンダ化の途中見たいです。
7V4A7400.JPG
よく見かけるチョウゲンボウも土手にいました。
7V4A7488.JPG
ひらりと降りるとカエルをゲット。
早速食事を始めました、ただ近くに寄らせてもらえず
遠い被写体。
7V4A7504.JPG
最近、自分のブログに華がないなと思い
時季外れの菜の花も。
016A7348.JPG
天気の悪い土日でしたね。
nice!(33)  コメント(6) 

霞ヶ浦で珍しい野鳥

今年も例年通りの野鳥がきたので見に行ってきました。
【ホシムクドリ】
たくさんのムクドリの中に2羽を発見。
7V4A5462.JPG
【ホシムクドリ】
しばらくすると1羽増えて3羽に、日向ぼっこしてます。
この日の朝は5度と寒かった。左から2番目は普通の
ムクドリ。
7V4A5597.JPG
【ホシムクドリ】
体が温まると樹木の方へ、移動。
3羽で泣きかわしを始めました。
7V4A6348.JPG
【ホシムクドリ】
そしてホシムクドリ君のシュワッチ。
去年は電線留まりしか撮れなかったので大満足です。
7V4A6360.JPG
【ツルシギ】初見です。大きさはハトより少し小さ目です。
口元と足が赤いのが特徴。
7V4A6528.JPG
【ツルシギ】今年はもう会えないかと思っていたのですが
会えて感激です。
7V4A6535.JPG
【コアオアシシギ】10羽ほど田のへりにいたのですが
この1羽だけ残っていて近くで撮らせてくれました
7V4A6720.JPG
【ヘラサギ】
江戸川区の東京湾沿いでクロツラヘラサギは撮ったことありますが
ヘラサギは今回はじめてです。両方ともよく似てますけどね。
7V4A7015.JPG
【ヘラサギ】
いただきます。をしてます。
ただ多分魚ではなく、池にたくさんいるオタマジャクシのような。
毒があるはずなんですが鳥さんは大丈夫なんでしょうか?
7V4A6955.JPG
【ヘラサギ】シュワッチと離陸。
7V4A7182.JPG
【ヘラサギ】遠くに行くのかと思ったら
7V4A7234.JPG
旋回して目の前を飛行、このカットの次のカットは
くちばしも羽も切れてます。凄い近かったです。
7V4A7259.JPG
初見も合わせて珍しい野鳥にたくさん会えました。
nice!(40)  コメント(6) 

真冬の野鳥もきた

少し足を延ばして野鳥探し。
【ミヤマホオジロ】オス
関東では真冬に会える野鳥です。見た目、頭の黄色いスズメ。
大きさも同じくらいです。
7V4A4967.JPG
【ミヤマホオジロ】メス
メスはもっとスズメみたいですね。
7V4A4995.JPG
【ウグイス】冬でなくてもいる鳥。
但し、繁殖のときだけホーホケキョと鳴きます。
7V4A5037.JPG
近いでしょ。ちょっと遠くにいたのですが、カメラを向けてじっとしていると
目の前まできてくれました。
カメラを向けているヤマカゼが気になってちょっと偵察に来たようです。
【シロハラ】近くにいたのでパシャ。撮ったまんまをのせました。
冬に山から下りてきます。
7V4A5088.JPG
【シロハラ】口を大きく開けて鳴くでもないし?撮ったまんま。
7V4A5090.JPG
【シロハラ】アオキの実をはきだし見せびらかし。撮ったまんま。
でた、野鳥が獲物を捕らえた、ご機嫌ポーズ。
シロハラ:いいでしょう、これ。おいしいよ。
ヤマカゼ:あのー。いりませんから。たべられるの?
7V4A5092.JPG
【シロハラ】(あげないよ)と飲み込んだ。拡大。
7V4A5095アオキのミ.JPG
サンシュウの実かと思ったのですが、アオキの実もリンゴの味がして食べられるそうです。
マハゼを狙うコアジサシといい、野鳥たちは結構グルメなんですね。びっくり。
【マミチャジナイ】
シロハラに似てますが目の上と下に白いラインがあります。
7V4A5229.JPG
口開けてますが鳴いているわけではありません。
実は近くにヒヨドリが30羽ほどいて変わるがわる水を飲んでいるのですが
体がちょっと小さいマミチャは1羽のみで順番に入れてもれえず、おれにも水飲ませろと
周りに猛アピールしているところ。
【マミチャジナイ】念願かなって水補給
7V4A5244.JPG
【アカゲラ】メス
何度かシャッター切ったのですが枝被りがひどくて
皆ボツ。夕間詰でやっと写に成功。
7V4A5404.JPG
今回は地味ーな野鳥になっちゃいました。
nice!(34)  コメント(8) 

冬の使者(八ヶ岳方面

冬の渡り鳥を探して文化の日は八ヶ岳方面へ行ってきました。
日の出時刻は霧が出ていて撮影に不安を感じましたが、
それも30分ほどもたてば辺りの視界も良くなってきました。
霧の中たくさんのアトリの声が聞こえてました。
その数おそらく50羽ほど。
松の木に20羽ほどが飛来。
【アトリ】たくさんの群れで冬に渡ってくる。冬ならではの風景。
保護色がきつくて探すのに苦労。霧のなかで何とか撮影。
016A7258.JPG
【イスカ(交喙)】アトリのむれと時々一緒にいたりする。
この日の狙いはこの子達、でも出会うのが難しい。
松の葉陰に動くやや大きめの小鳥、アトリだと思ってシャッターを切ると
驚いたことにイスカのメス、メスが大半の8羽ほどに出くわしました。
霧の中、枝先に監視役がいます。
7V4A4024.JPG
ほんの十数秒で群れは移動。
【イスカ(交喙)】
少し霧が晴れると、先ほどと離れた松の林に
先ほどとは違う群れで今度は雄雌両方が10羽ほど。
中央上の黄色がメス、下の赤いのがオス。
7V4A4219.JPG
そっと近づきシャッターをきる。
【イスカ(交喙)】交わるくちばしと書くらしい。
どうです、このくちばしの先曲がり、まるでひねくれた具合は。上と下が交互。
7V4A4245.JPG
【イスカ(交喙)】真下にいるヤマカゼとご対面、こっち見てくれました。
7V4A4249.JPG
【イスカ(交喙)】奇妙なことに松の実をかじらず、松の葉先をポキッと折って食べている。
よほど松が好きなのでしょうか。
7V4A4253.JPG
こんなに早くイスカに会えるとは思ってもなかったです。
この日は計20羽ほど見ることができました。
【イカル】夏の間は標高の高めのところにいますが、冬は降りてきます。
7V4A4407.JPG
【マヒワ】去年は数が少なかったのですが今年はたくさんきてますね。
7V4A4463.JPG
【ベニマシコ:メス】この鳥を見ると一段と冬を感じます。
7V4A4603.JPG
【ベニマシコ:オス】メスに向かってシャッターを切っていると
このオスがカメラとメスの間に割って入ってきました。
あまりに近くて尻尾が切れてしまいせっかくだからアップにしてみました。
7V4A4731.JPG
【ベニマシコ:オス】以前、オオルリのメスにシャッターを切っているときも
同じようにオスが割って入って来たことがあります。
もしかするとこのベニマシコのオスとメスは何度も
パートナー組んでいる連れ合いなのかもしれませんね。
さしずめ、おれの嫁さんの写真を勝手にとるなと言っているところでしょうか。
7V4A4742.JPG
番外編:高揚したモミジ
7V4A4846.JPG
番外編:足を延ばして北アルプスを拝んできました。
一番右のとんがった雪山は槍ヶ岳(日本5位)、中央のくぼみから左の雪山が奥穂高岳(日本3位)
7V4A4117.JPG
イスカに会えてホッとした連休を迎えました。
nice!(36)  コメント(7) 

冬の使者、雁(かり)、雁(ガン)

今年もまた雁の渡りを迎え見にいきました。
早速ですが
【マガン】
1万羽以上の群れ、目の前だけでも2千羽は越えていると思われます。
稲刈りが終わった田で食事に飛来。
7V4A2557.JPG
【マガン】【コハクチョウ】
たくさん入り乱れています。
7V4A2630.JPG
【マガン】飛び立ち、一つの田に止まらず、たえず移動しています。
久しぶりの野鳥の飛翔、会えてうれしかった。
7V4A2688.JPG
【マガン】ときおり目の前をとんでいくのもいます。
7V4A2706.JPG
【マガン】車で移動中、交差点をまがった所で目の前にいた。
近すぎて、体が強張り逃げるタイミングをのがしたみたいです。
7V4A3081.JPG
(右1:人間怖い、体かたまった)
(右2:おれも金縛り)
(右3,4,5おれも、おれも金縛り)
(ヤマカゼ:皆ひどいな、取って食べたりしないぞー)
【マガン】拡大
せっかくの近写なので拡大しました。
7V4A3082.JPG
撮影を素早く終わらせカメラを置き、手をふってあげると
彼らの硬直した表情は、ふと和らぎました。
気持ちは通じたみたいです。
【シジュウガラガン】
去年は偶然の飛行しか取れませんでしたが、今年はリベンジ果たせました。
7V4A2941.JPG
【シジュウガラガン】
せっかくなので拡大、画角で10倍ほどの拡大。5Dの多画素機のなせるわざですね。
7V4A3003.JPG
【シジュウガラガン】
離陸。ツイッターでは千羽ほどとありましたが、目の前は8羽ほど。
数がすくないです。ネットでシジュウガラガンを調べると絶滅寸前までに至ったとか。
止まりも撮れて良かった。幸運でした。
7V4A3029.JPG
【オオヒシクイ】コハクチョウと共に20羽ほど。
シーズンになると100羽を超え川が黒く見えるらしいです。
(余談ですが稲敷ではコハクチョウとのコラボは無理ですね)
【オオヒシクイ】離陸の助走
7V4A3547.JPG
【番外編:ノスリ】やたら白いですね。若ですかね。
7V4A2828.JPG
【番外編:コハクチョウ飛行】曇り空の暗い空に映えてました。
7V4A3185.JPG
【番外編:キ・ヌ・タ】オオヒシクイの写真を
撮っていたら視線を感じふと振り向いたらヤマカゼを監視してました。
(ヤマカゼの行動がめずらしかった?)
7V4A3382.JPG
【番外編:ジョウビタキのメス】
7V4A3601.JPG
来週の日曜日はまた天気が悪いみたいです。どうしましょう。
nice!(35)  コメント(5)